モテる男の1万円服装術

寒中春服のすすめ(3) 1000円台で挑戦する流行の春モテ服 レイヤードで〝こなれ感〟を演出1/2ページ

GU「ウォッシャブルリラックスフィット畦ニットベスト」(1690円)を使った、3~4月のコーディネート
GU「ウォッシャブルリラックスフィット畦ニットベスト」(1690円)を使った、3~4月のコーディネート

春の王道コーディネートと言えば、「コットンセーターにブルゾンやコート」ですが、ここ数年、男女を問わずニットベストのスタイルも増えてきました。ユニクロやGUなどのファストファッションからルイ・ヴィトンやプラダなど高級ブランドまで、多くのメーカーが販売しています。

もちろん、ひと昔前の学生っぽいイメージや、おじいさんのチョッキのようなものではなく、モダンな印象にアップデートされています。春の陽気のなかでデートするのにふさわしい格好になります。また、前回紹介したミリタリーグリーンのブルゾンとも相性抜群で、今の時期から初夏まで使えます。

GU「ウォッシャブルリラックスフィット畦ニットベスト」(1690円)を使った、5~6月のコーディネート
GU「ウォッシャブルリラックスフィット畦ニットベスト」(1690円)を使った、5~6月のコーディネート

重ね着は、ファッション用語でレイヤードと言われています。季節を問わず、〝こなれ感〟を印象付けられるファッションです。ニットベストが人気なのは、このレイヤードを簡単につくれるためです。今の時期ならシンプルな白シャツが合いますし、5月や6月になれば白のTシャツに合わせることで初夏までOKです。ただし、いくつか注意する点があります。

まず、重ね着するニットベストはオーバーサイズでなければいけません。もともとベストは「ジャケットとシャツの間に挟む」という用途で、ジャストサイズが一般的でしたが、最近のニットベストはまったく異なるもので、カジュアルな着こなしが基本です。

オーバーサイズの服に苦手意識を持つ人は中高年に多いのですが、ニットベストは袖がない分スッキリ見えるため、ハードルも下がるはずです。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」