首都制圧に失敗!ロシア軍〝偽装撤退〟か 作戦縮小も米「再配置」と指摘 停戦交渉も双方に難しい内容「露の侵攻が続く可能性」識者1/4ページ

キエフ周辺には戦闘の痕が生々しく残る(ロイター)
キエフ周辺には戦闘の痕が生々しく残る(ロイター)

ウラジーミル・プーチン大統領率いるロシア軍への高い不信感が継続している。侵攻したウクライナの首都キエフ周辺の軍事作戦を大幅に縮小すると表明したが、歴史的にも国際法違反を連発してきた国だけに、にわかに信用できないのだ。米国は、ウクライナの反撃を受けて「ロシア軍は首都制圧に失敗した」と分析しており、作戦縮小も「撤退ではなく再配置」と冷ややかに見ている。「偽装撤退」で油断させる狙いなのか。ロシアとウクライナは29日、トルコのイスタンブールで停戦交渉を再開したが、合意へのハードルは高そうだ。

「(ロシア側が)どういう行動を取るか見る必要がある」

ジョー・バイデン米大統領は29日、ロシアによる攻撃縮小表明について、こう疑いの目を向けた。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領も30日、公式フェイスブックに「われわれの破壊のために戦い続ける国家の代表者の言葉を信用する理由はない」と投稿した。

対面方式による停戦交渉は29日、イスタンブールで行われた。

交渉終了後、ロシアのアレクサンドル・フォミン国防次官は、信頼醸成措置として、首都キエフと、北部チェルニヒウ方面での軍事作戦を大幅に縮小すると表明した。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  5. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  6. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  7. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  8. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  9. 文政権から30人監獄行きも 検察の「捜査権剝奪」法案で大荒れの韓国 検事総長が辞表を提出、国民からも批判 識者「民主主義へのテロ」