永田町美人秘書

羽振りよさげなXがひたすらヤバい! 悪い噂だけはしぶとく残るのが永田町1/1ページ

かつて有名議員の秘書だったことを看板にビジネスを展開させていたXに、Y子ちゃんはすっかりだまされた。羽振りよさげに「成田までの電車賃で海外に行かせてあげるよ」と言われ、一緒にハワイまで行った。しかし、この時のXの動きが、ひたすらヤバいものだったとか。

「夕食を食べていたらいきなり電話が入って、深夜までいなくなる。後で『仕事が忙しくて』と言い訳され、『Xさんってすごいんだな』と思ったけど、後で分かったことが別の意味ですごかった…」

Y子ちゃんとの旅行費用は友人たちから「仕事で必要」と借りたもの。いきなり姿を消したXに対して、「どこにいるんだ!」との問い合わせが殺到していたとか。

確かに、当時のXは高級ブランドのスーツに身を包み、高級車に乗っていた。「年収1億円を超えた」との噂もあった。そんなビジネスが長続きするはずもなく、今ではお金に困っているらしい。しかも悪い噂だけはしぶとく残るのが永田町で、Y子ちゃんですら「あの人はダメよねえ」と見捨てている。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  4. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  5. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  6. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  7. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  8. 【芸能ニュース舞台裏】田中みな実がCM、ドラマに重用されるワケ 「フリーアナ」の肩書不要、セルフプロデュースの勝負師

  9. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  10. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談