玉野競輪GⅢ瀬戸の王子杯争奪戦 脇本雄太が豪快まくりでV1/1ページ

脇本雄太
脇本雄太

玉野競輪の開設71周年記念(GⅢ・瀬戸の王子杯争奪戦)は29日、第12Rで決勝戦が行われ、脇本雄太(福井)が豪快まくりで快勝。通算300勝で昨年9月向日町以来、9回目のGⅢ優勝に花を添えた。大会連覇を狙った松浦悠士(広島)が2着、3着には吉田拓矢(茨城)が入った。

レースはまず、スタート牽制から脇本が前を取らされる形で始まった。吉田が斬った上を中国ラインの先頭・山根将太(岡山)が鐘前2角から猛然とカマシ先行。しかし、脇本は間髪入れず鐘3角からロングスパートで逆襲。山根マークの松浦がブロックから番手まくりに出たが、それを力強く乗り越え包囲網を切り裂いた。

「前受けの時点からあの展開は目に見えていた。どれだけ腹をくくれるかの勝負だと。まくりに構えると二の舞、三の舞になりかねないので、後悔のないように仕掛けようと思った」

長欠から戦線復帰後も圧倒的なパワーで常勝の期待を背負いながら、奈良記念決勝やウィナーズC決勝では松浦を軸としたラインの〝組織力〟に煮え湯を飲まされてきた。それだけに「かなり疲れがたまっていた」と満身創痍ながらも、今回は期するものがあったはず。「リスクのある仕掛けだった。限界ギリギリで最後の力を振り絞った。紙一重の勝負だと思っていた」。自らを信じて息詰まる攻防を制した主役は誇らしげに胸を張った。

「ダービー(GⅠ日本選手権)につながるいいレースができた。今回で多少得られたものもあるけど、それに満足せず、この感触を忘れずに備えたい」

誰しもが認める最強レーサーにとって、記念Vも通算300勝も通過点のひとコマ。輝きを増す〝ワッキー〟が、今後も力強く輪界をリードしていく。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」