藤田敏八が魅せる ハードボイルドの世界

17歳若妻役・秋吉久美子の小悪魔的な魅力 「赤ちょうちん」(1974年)1/2ページ

初々しい秋吉の演技が注目された
初々しい秋吉の演技が注目された

今回は秋吉久美子を主演に抜擢(ばってき)した「赤ちょうちん」を紹介する。

「八月の濡れた砂」の後、日活はロマンポルノへとかじを切る。藤田敏八もその路線で「エロスは甘き香り」(1973年)や「実録不良少女 姦」(77年)を撮るが、合間に一般映画も手掛けている。それが「赤ちょうちん」と「妹」「バージンブルース」でロリータ感たっぷりの秋吉久美子を起用した主演3部作(いずれも74年)だ。

これには訳がある。かぐや姫の「神田川」がミリオンセラーになると、映画各社は映画化権の争奪戦を繰り広げた。そして東宝が草刈正雄、関根惠子主演で「神田川」(74年、出目昌伸監督)を撮ったので、日活も負けじとこの作品の映画化権をもぎ取ったのだ。

監督は政行(高岡健二)を22歳に設定。駐車場の管理人をし、根は真面目だがジコチューでだらしがなく、結婚して家族を養うという自覚に欠ける人物にしている。

妻の幸枝(秋吉)は17歳で未成年ということから、スーパーのレジ打ちで家計を助け、故郷にいる祖母に仕送りまでしているが、どこか頼りないお人よし。

幼くて頼りない若い夫婦を当時の世相を織り込みながら描き、人々の共感を呼んだ。特に赤いマフラー、ブランコ2人乗りキス、銭湯、公衆電話、パンタロンといった昭和感あふれる情緒と秋吉のか細く弱々しい小悪魔的演技が評判だった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  2. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  3. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  4. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  5. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  6. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  7. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  8. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 【芸能ニュース舞台裏】小山田圭吾、英語の復帰文書新鮮だが…テレビ登場にはまだ遠く 記憶に新しい東京五輪開会式前の辞任騒動