〝新庄劇場〟わずか5試合でこれだけの逆効果 「会見スルー」「相手から反感」「チルドレンの勘違い」 球団25年ぶりの開幕5連敗1/2ページ

ベンチでお手上げの新庄監督=札幌ドーム
ベンチでお手上げの新庄監督=札幌ドーム

やはり勝負事は甘くないということか。日本ハムは30日の西武戦(札幌ドーム)に3―5で敗れ、球団25年ぶりの開幕5連敗を喫した。新庄剛志監督(50)は初めて試合後の会見を行わず、早くもピリピリムードが漂い始めた。今季は戦力の見極めと公言していたものの、わずか5試合目で雰囲気はどんより。ホバーバイクの本拠地開幕セレモニーは色あせるばかりだ。

日に日に試合内容が悪くなっている。連敗ストップをかけて先発した加藤貴之投手(29)は6回に7連打を許し、打者一巡の猛攻を受けて一挙5失点。打線は直後に2点を返したものの、チャンスを生かしきれなかった。

新庄剛志監督(50)はこの日、開幕後初めて会見場に姿を見せず。代わりに広報担当が「明日、明日!!」と指揮官に託されたコメントを読み上げる声だけが部屋に響いた。

前日29日の試合前にはホバーバイクで登場するセレモニーで場を盛り上げたが、BIGBOSSへの冷ややかな視線も目立ち始めている。

まず、不快感をあらわにしているのは相手球団だ。西武のブライアン・オグレディ外野手(29)は自身のツイッターでセレモニーについて「理解できないよ。明らかに気が散ってボールを強く打てなかった」と投稿。西武側の感情を察知した日本ハムナインが相当気をつかっていたとの情報もある。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  4. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  5. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  6. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  7. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  8. 【芸能ニュース舞台裏】田中みな実がCM、ドラマに重用されるワケ 「フリーアナ」の肩書不要、セルフプロデュースの勝負師

  9. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  10. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談