〝新庄劇場〟わずか5試合でこれだけの逆効果 「会見スルー」「相手から反感」「チルドレンの勘違い」 球団25年ぶりの開幕5連敗2/2ページ

新監督の本拠地開幕戦シリーズとはいえ、茶番に付き合わされる相手チームが愉快に感じるはずがない。負けが込んでくると「ホバーバイクは過剰演出だった」とマイナス評価が強くなってくるだろう。

キャンプから実力以上に注目を浴び続けたBIGBOSSチルドレンたちに弊害も生まれている。ある球団関係者は「一定の実績のあるレギュラー陣はさておき、このままでは大して成績も残していない若手が『1軍ってこんなもんか』と勘違いしかねない」と心配する。

先日、新庄監督は落ちこぼれの弱小ラグビー部が困難を乗り越えて全国制覇する姿を描いた大ヒットドラマになぞらえて、チーム名を「ファイターズからスクールウォーズに変えようかな」と冗談交じりに話したが、「そんな生易しいものじゃない。早く手を打たないと取り返しのつかないことになる」と前出の関係者は警鐘を鳴らす。

開幕6連敗となれば昨季のDeNA・三浦大輔監督(2分けをはさむ)、2002年のオリックス・石毛宏典監督の新人開幕連敗記録に並ぶ。新記録を作れば、それはそれでBIGBOSSらしいといえるし、球団側もある程度は想定していた展開かもしれないが、この沈滞ムードにどこまで耐えられるか。あまり傷口が広がってしまうと後戻りできなくなる。 (山戸英州)

日本ハム―西武2回戦(西武2勝、18時2分、札幌ドーム、1万7519人)

西 武000005000-5日本ハム100002000-3

(勝) 松本1試合1勝

(S) 増田3試合2S

〔敗〕 加藤2試合1敗

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  2. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  3. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】表現のタブーの限界に挑戦した〝本気のSM〟 杉本彩が週刊誌を席巻「花と蛇」

  4. SPEEDの上原多香子、舞台復帰も道は険し 影落とす過去の不倫報道 ファンから喜びの声の一方で「きちんと説明すべき」と厳しい意見も

  5. 「ちむどんどん」で株急上昇の山中崇 登場する男性キャラが次々やり玉にあげられるも「よき上司」役が好評価

  6. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  7. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  8. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  9. 【日本の解き方】「サハリン2」めぐる大統領令とロシア国債デフォルトは同じ現象だ 大きくなる専制国家のカントリーリスク

  10. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ