アイドルSEXY列伝

浅井理恵 大物俳優との関係を暴露し大バッシング 有料記者会見で思った「無理やりやらされてんな…」1/2ページ

1990年7月発売の「浅井理恵写真集」(ビックマン刊)は、「すでに業界を引退されているかたなので」ということで取り扱い価格は1500円。神田神保町・荒魂書店(03・3291・8831)
1990年7月発売の「浅井理恵写真集」(ビックマン刊)は、「すでに業界を引退されているかたなので」ということで取り扱い価格は1500円。神田神保町・荒魂書店(03・3291・8831)

芸能関連のスキャンダル発覚が連発しております。

とくに某暴露系YouTubeチャンネルの盛り上がりは異様なほど。

淫行、不純異性交遊から反社、暴力、借金問題など、ヤバい話がバンバン出てきて、ネット民はお祭り騒ぎです。

ネット発信ではないですが、先日は、有名俳優による卑劣なセクハラ、というより性暴力報道も…。

雲隠れ状態だった告発された俳優から、SNSにおわびの報告文が出ました。所属事務所は契約解除、ドラマは降板、芸能活動は無期限休止。

ここ数年、あまりにも芸能人の不祥事発覚が続き、制作側も戦々恐々でしょう。

本来、告発、暴露系の記事は一方の意見だけを掲載しないのがルールです。必ず告発された側の取材もする。

が、最近は取材申し込みをした、返答がなかった、という経緯記述で締めくくることも増えています。

ワタクシも男性週刊誌の記者でしたので、(特に下半身)スキャンダル記事は何度も経験してきました。

相手側の取材をするために出待ち突撃したことも。

実はアレ怖いんです。相手がどう出るかわからないゆえに。特にスポーツ選手は体格もいいし、殴られる覚悟で突撃していました。

zakスペシャル

ランキング

  1. 国会議員や上場企業社長の報酬は一体いくら? 細田衆院議長「100万円しか」発言で物議 非難相次ぐ「外れすぎた市民感覚」の実態

  2. 依存度高い日本は大丈夫か 「インターネットエクスプローラー」6月16日サポート終了で 移行措置「完了」16% マイクロソフトも注意呼び掛け

  3. 【芸能ニュース舞台裏】手越祐也、手がけた脱毛サロンが全店閉店 テレビ復帰模索も道は険しく「代わりはもういる」の声

  4. 【芸能ニュース舞台裏】YouTubeでウハウハ!?毎度お騒がせの華原朋美、子供に1600万円のフェラーリを買える驚きの財力

  5. 【メジャーの旅】〝大谷効果〟で二刀流ばやり? 今季限りで引退表明、プホルスも投手デビュー!

  6. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  7. 北朝鮮でコロナ猛威、脆弱な医療体制と怪しい薬 治療法わからず過剰服用で死亡者も フリーライター・金正太郎氏がリポート

  8. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  9. 【シリーズ映画ヒットの裏側】世界中が絶叫したホラーの大傑作 オカルトブーム巻き起こした「エクソシスト」 監督を一躍スターダムへ導いた「ハロウィン」

  10. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」