外食・コンビニ健康法

病気のリスク減らす機能性日本酒 月桂冠『糖質・プリン体Wゼロ』1/2ページ

お花見の季節であり、健康診断の時期でもある春先。飲み過ぎには気をつけたいものです。体調管理をする上で、アルコールとどう付き合うかは大きなポイントです。アルコールは代謝させる際に肝臓へ負担をかけ、脂肪肝やアルコール性肝炎などの肝臓障害をはじめ、生活習慣病などさまざまな病気を引き起こす原因となります。

講演などで「アルコールは何を飲めばいいですか?」とよく質問を受けます。どのアルコールも「量を飲んでしまえば一緒」であり、肝臓に負担をかけ、血糖値を乱高下させ、太りやすいことは前提ですが、種類を考えるのであれば、「アルコール度数が低いもの」「糖質が低いもの」をお勧めします。

たとえば、最近流行りのハイボールやサワーは、蒸留酒であるウイスキーや焼酎を氷と炭酸水で割るので、実質糖質ゼロで、アルコール度数も低めにできます。また、生レモンやグレープフルーツなどを加えることで、少量ですがビタミンCやカリウムといった代謝に必要な栄養素が摂取できます。

赤ワインは、アルコール度数はさほど低くありませんが、レスベラトロールというポリフェノールが含まれ、肥満改善に効果があることが分かっています。ワインはぐびぐび飲むタイプのアルコールではないのも良い点です。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  4. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  5. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  6. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  7. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  8. 【芸能ニュース舞台裏】田中みな実がCM、ドラマに重用されるワケ 「フリーアナ」の肩書不要、セルフプロデュースの勝負師

  9. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  10. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談