カワノアユミの盛り場より愛を込めて

まん防解除も…大阪・梅田の繁華街にオッサン戻らず 「歩いているのは若者ばかり」韓国料理屋やネオン系居酒屋が続々開店1/2ページ

今月21日、およそ2カ月半ぶりに蔓延(まんえん)防止等重点措置が全面解除された。感染者は減少傾向にあるが外出増加が懸念される今、繁華街はどうなっているのか。時短営業解除後の大阪で話を聞いた。

「まん防が解除されると聞いたので春休みの間だけ梅田のキャバクラでアルバイトを始めたのですが、全然ダメですね。お客さんは入らないし街を歩いているのは若者ばかり。正直、期待ハズレです」

そう話すのは京都の大学に通う女性。普段は下宿しているため、京都市内の居酒屋でアルバイトをしている。今回、まん防が解除されたタイミングで家族や友達と会うため大阪の実家に一時帰宅したという。梅田の街は春休みの大学生が目立つも、夜の店の客足はまばらのようだ。北新地のクラブのホステスは現状をこう語る。

「学生は春休みですが、サラリーマン相手の北新地は暇ですね。コロナ禍で経費が落ちないので歓送迎会はやらない会社が多い。解除初日、夜8時にオープンしてもお客さんはゼロでした。暇だったのでママや女の子と酒盛りして11時に退勤。まん防よりはマシですが通りに人がほとんど歩いていません」

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  4. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  5. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  6. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  9. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  10. 【新・親も知らない今どき入試】関関同立合格者ランキング 滋賀・膳所が圧勝 大阪・大手前、四條畷も急伸 首都圏ほど中高一貫校が発達しておらず公立校が優勢