高須基一朗の“瞬刊”芸能

秋山成勲と名物コプチャン辛鍋 下馬評覆し青木真也に見事TKO勝ち 「ONE X」でよぎった彼との思い出1/1ページ

アジア最大級の格闘技団体「ONE Championship」の10周年記念大会「ONE X」が26日、シンガポールで開かれ、ライト級で人気格闘家の秋山成勲(46)が、〝日本人最強〟の呼び声が高い青木真也(38)と対戦した。柔術をバックボーンに活躍する青木が有利とみられたが、下馬評を覆し秋山が見事にTKO勝ち。

以前もここに書いたが、秋山の総合格闘技デビュー当時から、数えきれないほど取材してきた。取材を通じて関係値を積み上げ、気心が知れるほどの関係になったと思う。それゆえ、彼の人生における節目となる大一番の勝利は、自分事のように喜びが爆発した。

試合から3時間ほど経過し、おめでとうラッシュが落ち着いた頃合いにLINEを送ってみると数分で感謝の返事が返ってきた。慌ただしい時間帯ですら、律儀に返信をしてくるあたりに人間性がにじみ出ている。

同時に、彼との思い出が次々によぎった。人気格闘家として絶頂期の頃、FRIDAYの巻末カラーで「秋山成勲『俺の肉』」というグラビア連載を担当した。

秋山オススメの肉料理のうまい店を紹介するコーナーだった。中でも記憶に残っているのは、ひいきの焼き肉店で韓国焼き肉と韓国辛鍋をふるまってくれたことだ。かなり気に入って、10年ほど経過した今もプライベートで通っている。店の名物の一つ、コプチャン辛鍋が絶品なのだ。

コプチャンは牛の小腸で、いわゆるホルモン鍋である。冬場に体を温めたくなると、つい頼んでしまう。そして、秋山から教えてもらった裏メニューが、辛鍋の汁に白飯とチーズを加えた「チーズ雑炊」で、必ず〆に注文することにしている。

折を見て久々に、こちらの店でぜひ祝勝会をしたい。そして願わくは、この名勝負から時間を空けずに、ロングインタビューをして今後の格闘技への思いを届けたいと思っている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  3. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  4. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  5. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ

  6. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  7. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  8. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に

  9. 昨年10月頃から落ち込み激しく…上島竜兵さん急死、周囲は心配しケアも 行き当たる〝師匠〟志村けんさんの死去

  10. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調