ニッポンの新常識

今こそ憲法改正含む防衛政策の大転換を 見本にすべきはドイツ 国民の危機感高まるも…いまだ国会の議論は自由討議のまま1/2ページ

自由討議が行われた参院憲法審査会=23日
自由討議が行われた参院憲法審査会=23日

ロシアのウクライナ侵攻を受けて、日本人の安全保障に関する懸念は非常に高まっているようだ。産経新聞の世論調査(19、20両日実施)では、台湾や沖縄県・尖閣諸島に対して「懸念がある」との回答が84・2%に上り、核共有についても「議論すべきだ」が83・1%だった。日経新聞の調査(25~27日実施)でも、同様の結果となっている。

ウクライナの危機に、米国やNATO(北大西洋条約機構)が軍事介入していないことも、国民の危機感を高めている。ただ、ウクライナはNATO加盟国ではない。数年前までは親ロシア派が政権を握っていた。民主主義政権下における軍隊が確立されなければ加盟資格はない。一部コメンテーターが主張するNATO介入は、まったく見当外れだ。

日本には日米安保条約が存在するため、有事の際には米国が軍事介入する。米大統領が誰であっても、どの政党でも不変である。台湾については、米国は「台湾関係法」に沿って、武器供与などの支援を行う。

ただ、「いざというときに、守ってもらえるから大丈夫」という姿勢では非常に危険である。

というのも、米国がウクライナを積極的に支援した理由の1つには、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領が自らの身を顧みず、「国家を守る」という強い意思をみせたからだと思う。ゼレンスキー氏が早々に白旗を挙げていれば、米国やNATOの態度は変わっていたはずだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  4. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  5. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  6. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  9. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  10. 【編集局から】日本ハム・チアチームの「きつねダンス」にブレイクの兆し 敵陣の選手もノリノリ