編集局から

日本ハム取材で訪れた札幌 度肝を抜いたのは「BIGBOSSショップ」 新庄監督の野球ファン増やす姿勢に好感1/1ページ

日本ハム・新庄監督の期間限定ショップ=札幌パルコ
日本ハム・新庄監督の期間限定ショップ=札幌パルコ

昨秋からプロ野球の話題を独占した新庄剛志監督率いる日本ハムの取材で、3月25日の開幕戦から福岡、札幌を訪れました。

ソフトバンクに3連敗の翌28日、ナインと同便で北海道上陸後、この目で確かめたかったのは新庄ファイターズの盛り上がりです。街中を歩くと選手を紹介するのぼりやフラッグがいたるところに飾られていましたが、度肝を抜いたのは、すすきのの商業ビル内に開設された「BIGBOSSショップ」。4月10日までの期間限定で、1階のショーウインドーには先日出演した「東京ガールズコレクション」で着用した衣装や、2月のキャンプイン前日に那覇空港で披露したグローブ素材を使ったコートも飾られています。

店員の方いわく、客層は新庄監督の現役時代を知る30、40代の女性が圧倒的に多いそうです。人気芸能人ばりの知名度とパフォーマンスで野球界に貢献しているBIGBOSS。結果がすべての世界だけに記事ではシビアに伝えることもありますがどんな形であれ、胸熱くする野球ファンを1人でも増やそうとする姿勢には好感を持てます。 (山戸英州)

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  4. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  5. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  8. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. ロッテ・佐々木朗希、交流戦でサトテルに〝リベンジ〟 「退治しないことには次へのステップに進めない」球団関係者