真打 立川志らべの与太郎よそう

ようやく読み始めた「談志の日記 17歳の青春」天才とはどういうことか?1/1ページ

談志の日記1953年 17歳の青春
談志の日記1953年 17歳の青春

去年出た本ですが、ようやく読み始めたのが『談志の日記1953 17歳の青春』です。言わずと知れた私の大師匠、家元・立川談志の本です。亡くなって10年たちますが、新刊です。何せ、これは家元が入門直後17歳のときに書いた日記なのです。

天才・立川談志。天才とはどういうことか? と考えましょうか。才能がある、ということなら間違いないでしょう。見たり聞いたり読んだものをすぐ再現できる能力。要するに、一度聞いた落語はそのままそっくりできるなんてお茶の子さいさいなんですね。これはうちの師匠や談春師匠にもあります。芸人として激しく悔しいのですが、私にはごく小さくしかない…。

それに加え、物事を論理的に考えられる能力など、家元にはすごい部分がたくさんあります。そんな才人の17歳時代がどんなだったのかというと、私とあまり変わらないのです(能力以外ね! 悔しい…)。大人たちの言うことに腹を立て、女性が恋しいが、なかなか積極的になれずうまくいかなかったり、色々なことに迷いに迷っているのです。『ライ麦畑でつかまえて』の主人公が寄席で修行しているようなもんですよ。

あの立川談志が「女友達がほしい」と書いているのです。もちろん、それでいながら「俺は上手い!」と書いたと思ったら、急に「意欲がなくなってきた」などと言ったり。もともとセンチメンタルな部分があるのを隠さなかった大師匠ですが、この日記にはセンチメンタルがぎゅっと詰まっていて、いろんな感情が混ぜこぜになりますな。

伊東ナイター2日目12Rの新田も、17歳のころは女性と付き合いたくてうずうずしていたんだろうか? 新村を使って追い込む新田から瀬戸内勢へ流す〔3〕↔〔4〕―〔2〕〔7〕、〔3〕↔〔2〕―〔4〕〔7〕。

競輪選手も新田選手のようにアナウンサーと結婚できるんだと、17歳のときに知っていたら、私も選手になってたかも?(落語立川流真打)

■立川志らべ(たてかわ・しらべ)1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  5. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  6. 女児残し「何度も外出」 富田林、2歳遺棄で逮捕の男の供述 同居する祖母とUSJに行き約11時間放置

  7. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  8. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  9. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  10. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ