今から始めよう!70代まで働く健康術

未来の民間宇宙旅行は生体リズム改善に役立つ? 東京女子医大名誉教授・大塚邦明医師に聞く2/2ページ

「最近の国際宇宙ステーションの生活環境は、大きく改善されました。それが、24時間リズムを整えることに役立つのです」

国際宇宙ステーション内は、朝は照明を明るくして夜は暗くし、照明の明暗が朝と夜で異なっているという。起床時間も消灯時間も毎日同じで、睡眠時間は8・5時間の長めに設定。食事も朝・昼・晩の3回の時間が決められ、週6回1日2時間の有酸素運動(自転車もしくはランニングマシン)の運動時間も組み込まれている。

「国際宇宙ステーションは90分周期で地球を周回しています。24時間リズムとともに90分リズムのメリハリも、宇宙飛行士ではよくなることがわかりました。そのため、睡眠リズムも整いやすく夜はぐっすり眠れるようになっていたのです」

宇宙に滞在し、体内時計を整えて健康になる。民間宇宙ビジネスが発展すれば、そんな時代も到来するかもしれない。しかし、宇宙旅行でなくても、日常の体内時計を整えることは健康的な生活にとって大切だ(別項参照)。

「体内時計には多様なリズムがあります。それを応用することで病気を防ぎ、健康を維持することが可能です。日頃から体内時計を意識しましょう」と大塚医師は呼びかける。 (安達純子)

■24時間リズムの整え方

□朝、目覚めたときに太陽の光を浴びる。夜勤などで夜目覚める人は、強い照明で朝日の代わりになる光を浴びる

□朝と夕方に軽い運動を心掛ける

□1日3食をなるべく同じ時間に食べる

□朝食3:昼食3:夕食4の食事量が理想的

□少なくとも週に1回は6時間以上ぐっすり眠る

※大塚邦明著『最高のパフォーマンスを引き出す習慣術』(フォレスト出版刊)から

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  2. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  3. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  4. 大谷vsアルバレス〝一騎打ち〟球宴最終投票スタート メジャー最大注目、DH部門の行方 スター性では大谷に軍配

  5. 【日本の解き方】歴史的転換期迎えたNATO、中国とロシアへの懸念を明示 北大西洋地域を超え「アジア版」に拡大する戦略も

  6. 45年ぶりにギター持ち主へ カナダで盗難、日本で発見 ロックバンド「ゲス・フー」の元メンバー「一度はあきらめた夢がかなった」

  7. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  8. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】闘病生活の根津甚八を引っ張り出し…涙なくして語れない、一度限りのスクリーン復帰 「GONIN/サーガ」

  9. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  10. 交番で包丁突き付け、28歳の女逮捕 同僚警察官2人が拳銃構え警告 静岡・富士市

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ