朝日編集委員に懲戒処分 公表前の安倍元首相の誌面を見せるよう要求 峯村記者、処分は「公平性欠く」として法的措置も示唆1/1ページ

編集委員の処分を公表した朝日新聞社
編集委員の処分を公表した朝日新聞社

朝日新聞社は、外交や米国・中国を専門分野とする編集委員の峯村健司記者(47)を停職1カ月とする懲戒処分を6日に決めたと明らかにした。編集委員の職も解く。

7日付朝日新聞によると、安倍晋三元首相が3月9日、週刊ダイヤモンドのインタビュー取材を受けたが、峯村記者は翌10日、インタビューを担当した副編集長に公表前の誌面を見せるように要求したという。

朝日新聞社はこの行為を報道倫理に反し、極めて不適切だと判断したとしている。峯村記者は今月20日に退社を予定しているという。

峯村記者は7日、ツイッターで、処分は「恣意的な調査に基づく公平性に欠いたもの」とし、法的措置も示唆した。

投稿サイト「note(ノート)」では、マレーシア出張を控えた安倍氏から、インタビュー中の核共有の部分について事実確認を依頼されたと説明。安倍氏には外交・安全保障のレクチャーを行っているが、取材対象ではなく、金銭の受領などは一切ないとした。

峯村記者はLINEの個人情報管理問題のスクープで2021年度新聞協会賞を受賞している。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  4. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

  5. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

  8. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  9. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  10. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ