「ハーレムおじさん」だった園子温監督、有名な〝職権乱用ぶり〟 性行為強要疑惑めぐり「目を覆いたくなることも多かった」関係者1/2ページ

ついに園監督による被害を訴える声が出てきた
ついに園監督による被害を訴える声が出てきた

榊英雄監督(51)や俳優、木下ほうか(58)に続き、性行為の強要疑惑を「週刊女性」に報じられた映画監督の園子温氏(60)。「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」など話題作を次々と当てていく中、「主演女優にはだいたい手を出した」と豪語したほどの職権乱用ぶりは映画関係者の間では有名だったようだ。

園氏は映画「愛のむきだし」(2008年)でベルリン国際映画祭の国際批評家連盟賞を受賞するなど、高い評価を受けている。昨年にはハリウッド進出を果たしており、日本を代表する監督のひとりだけに、今回の疑惑は衝撃的だ。

「生理的欲求に忠実な奇才ですが、手法が時代遅れだったと思います。撮影中に女優の乳首に赤ワインをかけて、なめるような巨匠に憧れて監督になったので、排泄(はいせつ)行為や性行為に関して、妙に解放的だったので、目を覆いたくなることも多かったです」とプロダクション幹部は打ち明ける。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  2. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  3. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  4. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  5. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  6. エンゼルス大谷の球宴ライバルが負傷退場 ホームランダービーへの参加も期待 「光栄なことなので前向きに考えたいと思う」

  7. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  8. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  9. 吉川議員にボーナス286万1358円支給 18歳と飲酒疑惑、いまだ説明なく 維新・松井氏「腹が立って仕方がない」

  10. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ