DeNA・牧、戸柱らコロナ感染者多数で阪神戦が中止に 今後の試合は「専門家の先生と相談して決定」と三原球団代表1/1ページ

阪神対DeNA(7日、甲子園)はDeNAの選手らに新型コロナウイルス感染者が相次いだため中止となった。

DeNAによると、前日6日の試合で延長12回をフル出場していた牧秀悟内野手、戸柱恭孝捕手。延長に入ってから出場の倉本寿彦内野手、山下幸輝内野手と、斎藤隆チーフ投手コーチとスタッフ1人が6日に受けたPCR検査で7日に陽性判定を受けた。

さらに7日のPCR検査で、この日の先発投手だった浜口遥大投手と神里和毅外野手、チームスタッフ2人も陽性判定となり、6日の柴田竜拓内野手を含め、11人の大量感染。前日先発で6回を投げた石田健大投手、大田泰示外野手、桑原将志外野手は濃厚接触の疑いがあり、自主隔離の措置を取った。

DeNAの三原一晃球団代表は「人数が多くなったということと、感染経路を追うのが非常に困難ということで、挙行は難しいとの判断に至った」と説明。8日からは横浜で中日との3連戦が組まれているが、今後の試合は「専門家の先生と相談して決定していく」とした。楽天も5日までに選手9人、コーチ1人が感染し、2試合を中止している。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  6. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  7. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  8. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ