マンガ探偵局がゆく

新米アクアリストの成長描く安堂維子里「水の箱庭」 熱帯魚飼育の参考になるエピソードも1/2ページ

電子コミック版第1巻表紙
電子コミック版第1巻表紙

今回は趣味にまつわるマンガの調査だ。

「感染症対策で在宅時間が増えたのを機会に、熱帯魚の飼育を始めました。子供のころに飼育した経験もあり、大丈夫だと思ったのですが、2カ月もしないうちに全滅させてしまいました。かわいそうだし、妻からは『あなたが生き物を飼うのは無理』と言われへこんでいます。水温などには十分に気をつけたはずなんですけどねえ。マンガの中に飼育の参考になりそうなものはないでしょうか?」 (不器用なパパ)

探偵長にも似た経験がある。そこで、本棚をごそごそと探して、安堂維子里(いこり)の『水の箱庭』というマンガをひっぱり出した。2013年から14年にかけて芳文社の青年コミック誌『週刊漫画TIMES』に連載。単行本は全2巻で完結。電子コミック版もある。

主人公の朝霧水紀は熱帯魚専門店で働く駆け出しアクアリスト。水槽の中に魚や水草が暮らす人工の環境(アクアリウム)を作る専門家だ。商業施設や病院の待合室などで見かける熱帯魚水槽の大半はアクアリストの仕事。個人からの依頼で応接間や書斎に設置する水槽のデザインやメンテナンスを引きうけることも多い。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  2. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  3. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  4. 【お金は知っている】プーチン氏にコケにされるG7首脳 無力な西側の対露制裁 中国からの支援も野放し状態

  5. 【最新国防ファイル】配備開始から50年、退役させたくてもできない「73式装甲車」 対ロシア軍に備え北海道・道央エリアの第7師団でいまなお第一線で活躍

  6. 韓国で早くも内輪もめ「徴用工」基金に市民団体が反発 日本企業への賠償命じた最高裁判決の履行求める

  7. 【日本の解き方】岸田政権の「財務省色」人事は防衛費増額の壁か 各省に別働部隊、積極財政とはほど遠く 安倍元首相との〝暗闘〟の背後にある存在

  8. 【有本香の以読制毒】電力逼迫、政府の〝錯乱〟が止まらない! ズレた対応に国民は怒りと失笑 「再エネ賦課金」と「EV補助金」やめよ

  9. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  10. 【坂上忍の白黒つけて何が悪い!】とどめのラストまであなたは観続けられるか 「海上48hours―悪夢のバカンス―」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ