プーチン大統領は狂気か正気か? 独裁者の精神分析

自ら「予測不能な指導者」を演出し恐怖煽る ニクソン米大統領がベトナム戦争でやろうとしたことだ1/2ページ

プーチン大統領(ロイター)
プーチン大統領(ロイター)

バイデン米大統領が「戦争犯罪者」と呼び、欧米メディアが激しく非難し続けているロシアの独裁者は、精神状態がおかしくなっているのか。CIAやFBIをはじめ情報機関の分析では、「妄想に陥り、追い詰められると暴発する危険性がある」と、ワシントン・ポスト紙は伝える。

吉竹弘行医師
吉竹弘行医師

たしかに、冷静沈着とされたプーチン大統領は、感情をあらわにするようになった。ウクライナ侵攻前のテレビ演説、ベラルーシのルカシェンコ大統領との会談などでは、身ぶり手ぶりを交え、ときとして手足をバタバタさせ、目を釣り上げて話していた。

実際に会ってもいない人間を診断することはできない。ただ、一精神科医として傍目で見ても、異様に映る。

これまでプーチン大統領に関しては、パーキンソン病、アスペルガー症候群などが指摘されてきた。だが、私には精神を病んでいるようには見えない。独裁者の常として疑心暗鬼から不安感に苛(さいな)まれているのは確かだが、精神に異常はきたしていないと思う。それは、これまでの主張が首尾一貫していて、論理性があることでわかる。核の使用をほのめかすことを問題視する声はあるが、そうした威嚇発言ができること自体、〝正常〟である。真偽はどうであれ、ウクライナをネオナチから解放する、ロシア軍は解放軍であると主張し続けていることも同様だ。

昨年末からの発言をざっと追ってみる。

2021年11月13日、NATOがクリミア沖の黒海で軍事演習をしていることに対し「われわれに対する重大な挑戦だ」▽12月18日、NATOの東方拡大に「ウクライナに軍事的関与をしないように法的なものを求める」▽12月21日、「アメリカやNATOのミサイルが、ウクライナに配備されたら、モスクワまで7分から10分以内に到達する。深刻な事態だ」。

zakスペシャル

ランキング

  1. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  2. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  3. 「竹島専従」新型調査船が就航 韓国に関係改善の意思なし? 外交ルートで抗議も相次ぐ反日暴挙 実効支配強化が加速する恐れ

  4. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  5. 北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる

  6. 豪・印に懸念材料 QUAD首脳会談 「親中の歴史」豪労働党への不信で亀裂も 経済制裁に参加せず密接なインドとロシア

  7. プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認

  8. 【スポーツ随想】物言いに尻込む新米審判たち 大相撲夏場所、際どい場面も手を挙げず…ついに八角理事長から〝物言い〟 いまや宝の持ち腐れのビデオ導入

  9. 【日本の解き方】1~3月期GDPを読み解く 民間消費は予想より良かったが、公共投資減への対策が急務だ

  10. ロシア外交官が侵攻に抗議し辞任 「プーチンの侵略は犯罪」痛烈 ラブロフ外相にも「核兵器で世界脅す人物に成り下がった」