プーチン大統領は狂気か正気か? 独裁者の精神分析

プーチン大統領、不自然な両足パタパタの動作 甲状腺がん副作用説、パーキンソン病悪化説を追う1/3ページ

プーチン大統領(ロイター)
プーチン大統領(ロイター)

ロシアの独立系メディア「プロエクト」は、4月1日、プーチン大統領について「病気治療か、甲状腺がん専門家が別荘に出入り」と報道した。

それによると、専門家は2016年から20年の4年間にソチの別荘に35回、計166日訪れて治療にあたっているという。英デーリー・テレグラフ紙は、すでに甲状腺がんの副作用を指摘していたが、この報道はそれを裏付けるものだった。

甲状腺は、新陳代謝をつかさどるホルモンを分泌していて、ホルモンが過剰に産生されるとバセドー病を発症する。逆に、ホルモンが減少すると橋本病(慢性甲状腺炎)になる。甲状腺がんの場合、ホルモンのバランスが崩れるので、精神状態に大きな変化をきたすことが知られている。食欲低下、意欲・集中力の喪失、無気力、無関心など―。

しかし、プーチン大統領が甲状腺がんであるかどうかは、確証がない。それよりも、確実視されているのが、パーキンソン病だ。

すでに数年前から、英メディアはプーチン大統領の体調不安説を報道し、その原因がパーキンソン病であると指摘している。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  3. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  4. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  5. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  6. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  7. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に

  8. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  9. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ

  10. 【そういうことだろ~】Jリーグ30年目迎えるも〝オワコン危機〟 「浦和が正真正銘のビッグクラブにならなきゃダメ」