戦うことは「悪」ですか

拉致被害者に光を ウクライナ侵攻で見直される「短波放送」 実は日本から北朝鮮にも送信 国の検閲回避して情報を発信・入手2/2ページ

当然ながら、北朝鮮当局にとっては相当耳障りな存在らしく、電力事情が逼迫(ひっぱく)しているにもかかわらず、放送には必ず北朝鮮からの妨害電波が追ってくる。それだけ、当局にとって「不都合な真実」を伝えている証左だろう。

そんな放送を聞くのは、北朝鮮で暮らす人民や拉致被害者にとって命がけの行為だ。音が漏れないよう、布団をかぶって聴くという。ある脱北者は、ラジオから聴こえてきた情報のことをこう表現している。「暗闇に差す、一条の光だった」

国が「最優先課題」「オールジャパンで取り組む」としながら、02年に被害者5人が帰国して以降、実に20年間、膠着(こうちゃく)したままの拉致問題。その間に、一日千秋の思いで肉親の帰国を待つ家族は、歯が欠けるように亡くなっていく。

警察が「北朝鮮による拉致の可能性を排除できない行方不明者」は、実に872人(今年4月5日現在)。被害者のみなさんが出口の見えない長い長いトンネルの中での生活を強いられる間、短波にのって海を渡る声や音楽が、せめてもの光になることを願ってやまない。

「しおかぜ」の放送にかかる費用は毎月約200万円。有志の方々の寄付による自転車操業が続く。光を絶やさないために、今月18日からクラウドファンディングが始まる。詳しくは、特定失踪者問題調査会のHP(https://www.chosa-kai.jp/)をご覧頂ければ幸いである。

■葛城奈海(かつらぎ・なみ) 防人と歩む会会長、皇統を守る国民連合の会会長、ジャーナリスト、俳優。1970年、東京都生まれ。東京大農学部卒。自然環境問題・安全保障問題に取り組む。予備役ブルーリボンの会幹事長。著書・共著に『国防女子が行く』(ビジネス社)、『大東亜戦争 失われた真実』(ハート出版)、『戦うことは「悪」ですか』(扶桑社)。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  5. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  6. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  7. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  8. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  9. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  10. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ