これぞ社会派 松本清張の世界

六本木のディスコで制作発表 松坂慶子が“出血大サービス” 「わるいやつら」(1980年)1/2ページ

槙村隆子を演じた松坂慶子は公開時で27歳だった
槙村隆子を演じた松坂慶子は公開時で27歳だった

松本清張は知る人ぞ知るチェーンスモーカーで1日10杯は飲むコーヒー党だった。執筆のために泊まったホテルのボーイが、清張の部屋を訪れると灰皿に吸い殻がいくつも山盛りになっていたので驚いたという。

1978年に野村芳太郎と「霧プロダクション」を設立、代表取締役に就任した。これは「黒地の絵」を映画化したかったからといわれる。

シナリオも第1稿が完成していたそうだが、結局頓挫することになる。この経緯については西村雄一郎の「幻の映画『黒地の絵』を夢見た男たち」(95年、砂書房)に詳しい。

霧プロは84年に解散の憂き目を見るが、その間「熱い絹」の映像化にも注力し、高倉健、渡辺謙、仲代達矢らビッグネームを拝してロケハンを行い、東宝、松竹、東映での制作も検討されたがこちらも幻になった。

つまり「わるいやつら」は霧プロがもがいていた最中に完成したわけだ。松竹と霧プロの第1回提携作品。84年の映画「彩り河」まで5作品を松竹と提携で製作した。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  2. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  3. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  4. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  5. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  6. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  9. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  10. 久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート