ぴいぷる

寿司職人兼作家・岡田大介 和食で若者世代の胃袋…にぎりたい! 写真絵本「おすしやさんにいらっしゃい! 生きものが食べものになるまで」が話題 1/4ページ

寿司店「酢飯屋」を営む寿司職人の岡田大介氏
寿司店「酢飯屋」を営む寿司職人の岡田大介氏

〝釣ってさばく〟で分かったこと

日本の海や魚の魅力を発信しようと、寿司職人と作家というユニークな二刀流で活動している。それが、完全紹介制の寿司屋「酢飯屋(すめしや)」(東京都文京区)の店主であるこの人だ。

「お寿司屋さんで触れる魚は食材としてなので、生き物としての魚を海で釣ってさばくようにしたら自分の心情はどう変化するだろう、というのが出発点でした」

自らを「寿司作家」と称す。活動は店舗のカウンターで腕を振るうだけにとどまらず、ブログを開設して魚の目や口の中など部位ごとに写真を掲載。幼稚園や小学校で魚をさばいて料理に仕上げるまでを子供たちに見せる会や、高校でのワークショップを行うなど、寿司職人の枠を超えた働きっぷりだ。

「以前は釣り好きの人からタイの話を振られても食材としてのタイしか説明できませんでした。悔しかった。釣りから始めることで、改めて魚屋さんや漁師さんのすごさを知る機会にもなりましたし、自分も自信を持ってお客さんに説明できるようになりました」

現代人向けにレシピの再構築を

知識を深めたことで、「魚のストーリーを伝える」が信条となった。そんな思いから生まれたのが、子供たちに楽しく魚や寿司の世界を知ってもらいたいと手掛けた「おすしやさんにいらっしゃい! 生きものが食べものになるまで」(岩崎書店)という写真絵本。子供たちを店舗に招き、キンメダイやアナゴ、イカなど釣り上げた魚が、おいしい切り身へと変わっていく様子を解説付きで見せていく構成だ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  3. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  4. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ

  5. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  6. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  7. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  8. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  9. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に

  10. 昨年10月頃から落ち込み激しく…上島竜兵さん急死、周囲は心配しケアも 行き当たる〝師匠〟志村けんさんの死去