〝情報戦惨敗〟ロシア、大虐殺隠蔽か 「鉄のカーテン」が災い、政権中枢に情報届かない皮肉 FSB大粛清のプーチン氏は「ネット使わないとも」識者1/3ページ

粛清があったというロシア連邦保安局の建物(ロイター)
粛清があったというロシア連邦保安局の建物(ロイター)

ウクライナ侵攻で苦戦が続くロシアは、「情報戦」や「宣伝戦」でも敗色濃厚だ。ウクライナに批判的な「偽情報」で世論の攪乱(かくらん)を図るが西側諸国には通じない。逆にロシア国内の情報統制「鉄のカーテン」が災いして重要情報が政権中枢に届かないという皮肉な状況に陥った。ウラジミール・プーチン大統領は連邦保安局(FSB)所属の情報員約150人を追放したというが、さらなる混乱は避けられない。

プーチン大統領
プーチン大統領

英紙タイムズによると、追放されたのは、プーチン氏がFSB長官だった1998年に設置された部門の情報員で、一部は「侵攻前のウクライナの実情に関し、噓の情報を報告した」責任を問われたという。同紙は、侵攻が難航していることに対するプーチン氏の怒りの表れで、旧ソ連の独裁者スターリン的な大粛清だと指摘した。

FSBをめぐっては、対外諜報部門トップ、セルゲイ・ベセダ氏らが自宅軟禁に置かれた。ウクライナ当局が欧州で活動するFSB工作員のリストを公開後、欧州など各国がロシア外交官の追放を決めている。

首都キーウ(キエフ)近郊の都市ブチャでは約400人の遺体が路上や集団墓地で見つかり、ロシア軍が住民の頭部を撃ち抜くなどしたと生存者が証言した。凄惨な様子は世界で大きく報じられた。ウクライナ検察は拷問や暴力の痕跡を消そうとロシア軍が遺体焼却を試みたとし、国際人道法違反だと訴えている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  2. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  3. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  4. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  5. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  6. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  7. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  8. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート