佐々木朗希の次回先発予定、テレ東が地上波緊急生中継へ 阪神対巨人、伝統の一戦の視聴率を超える歴史的勝利なるか1/2ページ

今度は佐々木朗を地上波で見ることができる
今度は佐々木朗を地上波で見ることができる

完全試合を達成したロッテ・佐々木朗希投手(20)が次回先発予定の17日の日本ハム戦(ZOZOマリン)をテレビ東京が地上波で緊急生中継に向けて最終調整していることが14日、本紙の取材で分かった。

大記録が生まれた10日のオリックス戦はCS放送「日テレNEWS24」やネット中継「パ・リーグTV」「DAZN」など有料配信に限られ、地元局「千葉テレビ」に苦情が舞い込んだことが話題となった。

テレビ東京関係者によると中継は試合開始の午後2時から最大2時間枠で調整。本来は同1時から「開運!なんでも鑑定団」の再放送。同2時からは「日曜ミステリー 信濃のコロンボ事件ファイル12 陰画の構図」(主演・中村梅雀)の再放送が決まっていたが、完全男の登板に切り替える英断となった。「うちの土日は全国ネットのゴルフ中継なども多いけど、今回はそれもなく、自由に編成できたのは幸い」と同関係者は事情を明かす。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  4. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  5. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  6. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  7. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  8. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  9. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  10. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に