麺喰いにつき

清湯系「麺屋なおと」&ボリューム系「中華そば千乃鶏」 2軒で創業2カ月未満の新店1/2ページ

先週は『2軒で創業186年』の老舗を紹介したが、今週は『2軒で創業2カ月未満』の新店。

まずはこの3月25日オープンの「麺屋なおと」。新宿を始め、人気店を多数展開する「はやし田」の監修を受け、既存店をリニューアルして清湯系で勝負に出てきた。主なメニューは醤油らぁ麺、塩らぁ麺、つけ麺、まぜそば、など。ポルチーニが香るという塩らぁ麺が面白そうだったのでこれを注文。「はやし田」が関係した店でポルチーニ塩味を出している店は首都圏だけでも何軒かある。多くの店で私も食べているがほとんどの店で基本メニューの醤油味を食べているので塩味は初めて。なので比較ができないのが残念。

スープは鴨と大山鶏を使用した清湯に親鶏の鶏油をプラス。麺は菅野製麺所製の全粒粉入り低加水の細麺。チャーシューは2種類で豚バラはつるし焼き、肩ロースは低温調理。プロデュースもしっかりしているんだろうけど、仕上がりも良く、何も知らずに食べても「あぁ~おいしい」となる味だと思う。店長は、都内の有名店で修業した後、このグループのラーメン店でも店長を務めたエース。店名は彼の名前を冠したほど、気合も入っている。

蒲田駅(東京)周辺をラーメン検索サイト・ラーメンデータベースで調べると100点満点で90点以上がなんと9軒という超激戦区。そのほとんどがパンチのあるタイプ。「飛粋」「宮元」「蓮」「まほろ芭」「鷹の目」「環2家」「宮郎」「ぶたまろ」「voyage」。この個性的なラーメンがそろう街。そして学生も多い街でこの上品な清湯系がどう受け入れられるのか、かなり興味深い。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  3. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  4. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  5. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  6. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ

  7. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  8. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に

  9. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  10. 【そういうことだろ~】Jリーグ30年目迎えるも〝オワコン危機〟 「浦和が正真正銘のビッグクラブにならなきゃダメ」