ぴいぷる

元大相撲力士 歌手・大至 親に師匠に角界に相撲甚句で恩返し 「お客さまが相撲を見にきてくれればという思い」1/3ページ

現役時からボイトレ

「相撲甚句を歌うことが、相撲界への恩返しです。これをきっかけにお客さまが相撲を見にきてくれればという思いですよ」

昨年末、CD「大至の相撲甚句」(キング)をリリースした。相撲甚句とは、地方巡業や花相撲で披露される囃子歌。古典から新作まで織り交ぜた甚句の世界は、実は力士たちの切ない世界を描いているのだ。

「相撲甚句っておめでたいですよねといわれますが、意外とおめでたい歌詞は少ないんです。苦労して関取になったときには母はもう死んでいたとか、厳しい稽古に涙するとか。相撲って黒白をつける勝負の世界ばかりじゃないんですよ。力士の暮らしぶりが分かっていただければ」

幼いころから歌手になるのが夢だった。それは力士になった後も変わることがなかった。だから、稽古にも気を使った。大切な喉を傷めたくなかったからだ。

「稽古で喉輪とかされたら大変ですから、喉だけは攻めさせないように必死でしたよ。後輩に胸を貸すときに『さあ来い!』なんて言うのも喉がかれないように気を使いました。実は現役のころからボイストレーニングに通っていたんですよ。だから、稽古場でもオペラ歌手のように『さああ、こ~い』なんて高らかに…。ハハハ」

それほどまで歌手になりたかった少年がなぜ相撲の世界に入ったのか。

「もう洗脳されたとしか言いようがないです。父は生まれる前から男の子なら力士だといい、母も妊娠中からジャンジャン食べたので、4270グラムで生まれてきたそうです。子供のころ、隣家から聞こえてくるピアノの音に、僕もピアノをやりたいと父に伝えると『そんなことはやらなくていい! 相撲をやっとけ!』なんて怒られましたよ」

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  3. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  4. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  5. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ

  6. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  7. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  8. 昨年10月頃から落ち込み激しく…上島竜兵さん急死、周囲は心配しケアも 行き当たる〝師匠〟志村けんさんの死去

  9. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  10. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に