ぴいぷる

元大相撲力士 歌手・大至 親に師匠に角界に相撲甚句で恩返し 「お客さまが相撲を見にきてくれればという思い」2/3ページ

強くなるために歌う

それでも歌の好きな少年は、学校の授業では音楽が一番好きだった。

「誰よりも大きな声で歌ってましたからね。本当は歌ったり、花をいじったりするのが好きで文科系なんです。でも、意に反して体はどんどん大きくなって、小学校の卒業時には体重が100キロありましたね。そりゃあ、家のテーブルには牛乳と煮干しが置かれていて、ケーキなんて食べさせてもらえなかった。学校から帰ってきて、腹が減ってるならメシを食えって感じでしたから」

しかし、幸運なことに入った世界には相撲甚句があった。

「甚句を歌うきっかけは、幕下時代に低迷したことでした。強くなるためには出稽古したい。そのためには巡業についていくのが一番ですが、当時、幕下の力士が巡業に出られるのは順番待ちだったんです。そこで毎回出るには甚句しかないと。日本相撲協会に、甚句が歌えますと直談判して…」

当初は甚句要員に空きはなかったが、1人が突然夜逃げしたため、お鉢が回ってきた。

「チャンスとばかりに歌ったら、こんなに歌えるのかと評価されたんです。しかも歌うと、1日5000円のお手当をもらえた。このお金で体を大きくして、1年後には十両に上がりました。しかし関取になると、甚句要員からは外されるんです。ところが当時の巡業部長だった二子山親方(初代貴ノ花)が『大至、歌え』と認めてくださったんです」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  6. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  7. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  8. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  9. 【2022年夏・参院選】〝民主王国〟長野にヒビ 激戦、立憲・杉尾氏に新人の松山三四六氏が猛追 後援会「千曲会」分裂を契機に自民反撃か

  10. 45年ぶりにギター持ち主へ カナダで盗難、日本で発見 ロックバンド「ゲス・フー」の元メンバー「一度はあきらめた夢がかなった」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ