ニュースの核心

AUKUS参加を真剣に探れ 中国の脅威、国連に訴えても問題解決にならず さらにファイブ・アイズ加盟に向け、スパイ防止法など整備も急務3/3ページ

もう一つは、米英豪カナダ、ニュージーランドの5カ国による〝機密情報同盟〟である「ファイブ・アイズ」への参加だ。こちらは、英国が一時、日本の参加に前向きと伝えられたが、進展していない。スパイ防止法がないなど、日本の機密保持体制に対する不安が理由だろう。日本は早急に体制を整備すべきだ。

モリソン豪首相(ゲッティ=共同)
モリソン豪首相(ゲッティ=共同)

日本が多国間の枠組みに加われば、アジアの他の国にも刺激を与える。とりわけ、インドだ。インドは日米豪との戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」の一員でありながら、国連安全保障理事会と総会では、中国同様、ロシア非難決議に棄権し、対露制裁にも加わっていない。

西側の一員として、自由と民主主義の旗を高く掲げる。それが、アジアにおける日本の役割である。

■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。1953年、千葉県生まれ。慶大経済卒、ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)修了。政治や経済、外交・安全保障の問題について、独自情報に基づく解説に定評がある。政府の規制改革会議委員などの公職も務めた。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア―本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞受賞。ユーチューブで「長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル」配信中。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 日本との関係改善の前に韓国は「竹島侵略」の謝罪と償いを ルール無視継続なら「経済制裁」辞さず 大原浩氏が緊急寄稿

  2. 【沖縄が危ない!】「基地反対」叫ぶだけでは平和は来ない! 厳粛な慰霊の場を政治利用するな 来賓の岸田首相が登壇すると「帰れ」「辺野古の海を守れ」と罵声

  3. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】出会った男たちを狂わせる主人公の名美 主演を境に俳優として開花した竹中直人 「天使のはらわた 赤い眩暈」

  4. 【芸能ニュース舞台裏】田中聖容疑者は「第二の田代まさし」か 「売人はあの手この手で接近…」社会復帰後が〝クスリ断ち〟の試練のとき

  5. 紅白出場の人気女性歌手に薬物疑惑 コロナ禍、クスリにハマる芸能人が増加 「激やせ」がネット上で話題になることも

  6. 大手外食各社でメニュー〝値上げラッシュ〟 原材料や燃料の価格上昇に円安影響 一方で価格維持で集客狙う業者も

  7. 【2022年夏・参院選】愛媛選挙区 立民・高見知佳氏、自民現職の閣僚経験者・山本順三氏と一騎討ち 元女子アナ議員が支援にフル稼働

  8. 【食と健康 ホントの話】栄養を効率よく摂取できる第三のミルク ナッツ類の健康効果に期待 「アーモンドミルク」

  9. 新興勢力が〝ユニークな選挙戦〟 「ガーシー」はショート暴露、「ごぼうの党」は天狗の面で独特な方針示し SNS、政見放送を駆使

  10. 【メジャーの旅】大谷翔平も大乱闘を経験 お互い「やられたらやり返す」が当たり前 悪しき風習は避けたいもの

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ