秋田ガラパゴス麻子の競輪酒場・異例づくめの卒業記念レース1/1ページ

優勝した纐纈洸翔(左)と畠山ひすい
優勝した纐纈洸翔(左)と畠山ひすい

日本競輪選手養成所(静岡県伊豆市)で第121(男子)、122(女子)回生の卒業記念レースが4日に行われました。当初は2月28日から3月1日の2日間、静岡県の伊東競輪場で観客を入れての実施が発表されていました。しかし、コロナ禍の影響で、養成所での開催に変更。さらにその後、今度は延期になり、約1か月遅れの開催もすでに3月3日に候補生は卒業し、18日には選手として登録すみ。候補生ではない状態での卒記レース実施は史上初です。レーサーパンツも候補生時代の黒パンツではなく男子は星緑(A級3班)、女子はピンクのプロ仕様、勝ち上がり戦のみで敗者戦はなし。卒業式の時点では卒記レース実施の可否が伝えられていなかったこともあり、地元に戻って自由を満喫?し、髪の毛の色が明るくなっている選手も多く、とにかく異例ずくめでした。

卒記での取材は走り終えた興味のある候補生をつかまえて聞きたいことを存分に聞くというスタイル。私は過去に71期から99期まで卒記レースを取材しています。99期は伊東競輪場で開催され、在校一位の猪俣康一(愛知)の「モトクロスからの転向で神奈川県出身、福島県の競輪学校(当時)合格に特化したジムに入り、愛知県で同じ年齢の師匠の元でデビューする」というつっこみどころの多い経歴を解明しようと彼に必死に食い下がって話を聞いたのを今でも鮮明に覚えています。

しかし、今回は在所成績のいい選手、優勝者の共同インタビューとわずかな時間の事前指名選手の個別取材のみ。かなり物足りないものでした。「卒記で初めて多くの記者さんに囲まれてうれしかった」という選手も多く、それを皆に味わってもらえなかったのも残念です。今回生はルーキーシリーズ2022でプレデビュー予定。初回の松戸(4月30~5月2日)で今回の分までしつこく取材するのを今から楽しみにしています。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  4. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  5. 【オヤジのためのサッカー塾】長谷部誠 EL優勝クラブ・フランクフルトの主将が日本人なのは誇り

  6. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  7. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  8. いしだ壱成、3人の女性からアプローチで〝モテ期〟告白 赤裸々なサービストーク展開で注目

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 【5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術】頭や体が思うように動かない…潜むうつ病を見逃すな 「おかしいな」と思ったら早めの受診を