花粉に耐えて植竹希望〝涙の初V〟 黄金世代1988年生で10人目「うれしいの一言に尽きる」 国内女子ゴルフ「KKT杯バンテリン」1/1ページ

植竹は2時間、6ホールの激闘を制した=17日、熊本空港CC
植竹は2時間、6ホールの激闘を制した=17日、熊本空港CC

■国内女子ゴルフ「KKT杯バンテリン」最終日(17日、熊本空港CC=6499ヤード、パー72)

4人で6ホールのプレーオフを制し植竹希望(23)がツアー初優勝を飾った。

通算8アンダーで並び、西村優菜(21)が1ホール目、小倉彩愛(21)が2ホール目に脱落。吉田優利(22)との争いになり、植竹が6ホール目にバーディーを奪い決着した。

黄金世代と称される1988年生まれで10人目の優勝。「うれしいの一言に尽きる。黄金世代10人目になってよかった。悔しい気持ちはあったし、畑岡選手や渋野選手など、海外で活躍している選手もいて、早く追いつきたいという気持ちは強い」と喜んだ。

花粉症がひどいため、初日の後半からマスクを装着した。「(花粉が)目に見えるぐらい。黒い服を着ていると、真っ黄色になっちゃう。朝一は大丈夫だったけど、後半にのどが痛くなって、鼻が詰まるし、マスクをする方が集中できると思った」と完全武装でラウンド。「9月ぐらいの方が好き。花粉のストレスがない。(花粉症は)マツ、ヒノキ、スギ、カヤ類、ブタクサ、あと芝もあるといわれて。全部かもしれない。カヤ類の夏場、7月ぐらいが一番しんどい」と苦しい中で初優勝をつかんだ。

ここまでの道のりも苦しかった。高2で両親が離婚。優勝の瞬間は、駆け付けた母・和美さん(51)の姿を探した。

「ゴルフができなくなるくらいの経済状況で、ダブルワークになりながらも、『好きなことをやりなさい』とずっと応援してくれた。たくさんケンカしたりもありましたけど、一番尊敬できる人です」と感謝。植竹自身も高校時代に週4、5日はゴルフ場のアルバイトをした苦労人で、ようやく花開いた。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」