「偽サイト」でカード情報奪われる 悪質な通販が前年比7割増 日本の情報は闇サイトで〝世界最高値〟の取引、犯罪組織のターゲットに1/2ページ

アイリスオーヤマが注意を呼びかけている「偽サイト」(ネットから)
アイリスオーヤマが注意を呼びかけている「偽サイト」(ネットから)

ネット通販の利用者が増えるなか、本物そっくりの悪質な「偽サイト」の通報件数が急増している。商品が届かない被害のほか、クレジットカード情報が盗まれる恐れもある。日本のカード情報は闇サイトで世界最高値で取引されており、犯罪組織のターゲットとされつつある。どうやって身を守るのか。

金融機関やインターネット関連企業でつくる「日本サイバー犯罪対策センター」は、悪質な通販サイトに関する通報が2021年に1万7717件あったと明らかにした。前年から約1・7倍に増えたという。

悪徳商法に詳しいジャーナリストの多田文明氏は、「コロナ禍で通販利用が増えていることも確かだが、SNS利用者が年々増加していることも関係しているようだ。最近の偽サイトはSNSに流れる広告から誘導するタイプの手口が増えている」と解説する。

日本サイバー犯罪対策センターは、正規のサイトが改竄(かいざん)され、利用者のクレジットカード情報が盗まれる「Webスキミング」の被害実態も公表した。サイト設置者に管理パスワードの変更などの対策を呼びかけた。利用者は通常通り買い物ができるため、気付くのは困難という。国内で発行されたクレジットカードの不正利用額は、21年に約330億円を記録した。

生活用品大手のアイリスオーヤマは、同社が運営する通販サイト「アイリスプラザ」の偽サイトが横行しているとして、偽サイトのURLを公開し、注意を呼びかけた。前出の多田氏は「偽の通販サイトは商品価格が本物より大幅に値引きされているという特徴もある」と語る。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  2. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  3. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  4. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  5. 【2022年夏・参院選】山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

  6. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  7. コロナで死亡した人の多くは「敗血症」 早期認識と治療で重症化を防ぐ

  8. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  9. 「数百億円」男・佐々木朗希でロッテ観客動員増、広告効果大! 球団マーケティングで「ライト層」「若年層」増加が顕著

  10. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ