鈴木誠也、週間MVPを初受賞 大谷に並ぶ日本人最速 6試合で3発&打率・412&5打点!1/2ページ

大リーグに順応している鈴木(USA TODAY)
大リーグに順応している鈴木(USA TODAY)

米大リーグ機構は18日、週間MVP(11~17日)を発表し、ナ・リーグでカブスの鈴木誠也(27)が初受賞した。プロ野球広島から移籍1年目で、日本選手が新人で4月に選ばれたのは2018年のエンゼルスの大谷翔平以来。

鈴木は12日のパイレーツ戦で2本塁打を放つなど6試合で打率・412、3本塁打、5打点をマークした。日本選手の受賞も、21年7月に4度目の選出となった大谷以来。最多はイチロー(マリナーズなど)の5度で、日本勢で初受賞したのは1995年6月の野茂英雄(ドジャース)。

鈴木は開幕から好調を維持しており、持ち味の長打力と勝負強い打撃でカブスの主軸に定着。開幕デビュー以来、先発8試合で連続安打。代打で敬遠された1試合を含めると、9試合連続出塁となった。シカゴの地元各メディアも「セイヤは期待通りの活躍」「日本のマイク・トラウト(エンゼルス)」などと報じている。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  4. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」