〝中村憲剛先生〟が阻止に尽力 サッカー無関心層が若者を中心に拡大中 母校の中央大で教壇に 「関心がないという学生さんがこれほどまで…」2/2ページ

学生ばかりではない。数字にもはっきりでている。サッカーの公式戦に出場するためには学校の部活でも、地域クラブで日本協会への選手登録が義務づけられる。一般社会人や大学生(第1種)高校生、(第2種)、中学生(第3種)、小学生(第4種)と分かれているが、その全登録者数が2014年度の96万4328人をピークに減少。20年度には81万8414人まで落ち込んで歯止めが全く効かない。

そんな逆風に中村は「サッカーしかなかった僕の堅い頭ではダメ。逆に今後にはのびしろがあるんだと実感しました」と意気込みは十分。教壇デビューは予定時間がオーバーする盛り上がりをみせたが、この日から始まった1年間のゼミでいかに学生をサッカーへ取り込めるか。新たなミッションに挑戦する。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 日本との関係改善の前に韓国は「竹島侵略」の謝罪と償いを ルール無視継続なら「経済制裁」辞さず 大原浩氏が緊急寄稿

  2. 【沖縄が危ない!】「基地反対」叫ぶだけでは平和は来ない! 厳粛な慰霊の場を政治利用するな 来賓の岸田首相が登壇すると「帰れ」「辺野古の海を守れ」と罵声

  3. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】出会った男たちを狂わせる主人公の名美 主演を境に俳優として開花した竹中直人 「天使のはらわた 赤い眩暈」

  4. 【芸能ニュース舞台裏】田中聖容疑者は「第二の田代まさし」か 「売人はあの手この手で接近…」社会復帰後が〝クスリ断ち〟の試練のとき

  5. 紅白出場の人気女性歌手に薬物疑惑 コロナ禍、クスリにハマる芸能人が増加 「激やせ」がネット上で話題になることも

  6. 〝史上最悪〟KDDI通信障害、賠償額は!? 48時間以上続く異例の事態に「危うさ」浮き彫り 再発リスク・補償・自衛策あるか

  7. 【艶グラドル】MIYABIの趣味はビキニ集め 「ショーツは必ず面積の狭いTバックかブラジリアン」ヒップラインに自信あり!

  8. ジャガー横田一家に「親のしつけが悪すぎる」の声 長男の「寮母の飯がマズイ」発言が物議、夫・木下氏の対応にも批判

  9. 大手外食各社でメニュー〝値上げラッシュ〟 原材料や燃料の価格上昇に円安影響 一方で価格維持で集客狙う業者も

  10. 新興勢力が〝ユニークな選挙戦〟 「ガーシー」はショート暴露、「ごぼうの党」は天狗の面で独特な方針示し SNS、政見放送を駆使

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ