ぴいぷる

元マラソン選手・福士加代子「やりたいことがたくさんある」 セカンドステージも勢いは「止まらない」 自伝「福士加代子」上梓1/3ページ

元マラソン選手の福士加代子
元マラソン選手の福士加代子

「今朝も1時間ほど軽く走った後、会社へ出勤しました。距離? 10キロぐらいかなぁ」

ジュニア時代、陸上競技3000~10000メートルで次々に日本記録を塗り替え、その後も国際大会での3000メートル、5000メートルで日本記録を樹立。付いた名称は、日本長距離界の女王。この人の攻めの走りに魅せられたファンは少なくない。

元マラソン選手の福士加代子
元マラソン選手の福士加代子

朝の10キロも「軽く」と言ってのけるあたり、普通のOLとは違うのだ、と改めて思い知らされた。

1月30日の大阪ハーフマラソンで現役を引退した。競技場には有森裕子、高橋尚子、渋井陽子らレジェンドが花束を持って駆け付けた。

「あなたのおかげで陸上界が朗らかになりました。ありがとう」。大先輩、増田明美はこうねぎらった。

「やることはやり終えましたね」

爽やかな表情を見るに、〝戦場〟から離れ、穏やかな生活を手に入れたうれしさが率直に伝わってくる。だが、日に焼け引き締まった横顔を目にすると、やはりまだやれるのではという思いが脳裏をよぎる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  4. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  5. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  8. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. 吉岡里帆の“うさぎコスプレ”が話題 ネット民「バニー姿ステキ」「飼いたい」「どんぎつねさんと悩む」