前立腺の最新医療

選択肢さまざまな前立腺がんの治療 開腹手術よりも患者の回復早い「ロボット療法」、手術と同等の効果「放射線療法」など1/3ページ

東京慈恵会医科大学泌尿器科の佐々木裕講師
東京慈恵会医科大学泌尿器科の佐々木裕講師

国内罹患率第1位と推計される前立腺がんは、進行がゆっくりの病態もあれば、進行が速く悪性度の高いがんも少なくない。現在、前立腺がんの治療では、ホルモン療法、手術や放射線療法などさまざまな選択肢がある。

「放射線療法は、身体への負担や、入院期間の短縮、さらに性機能や排尿機能の温存を考えて選ばれる方は多い。ただし、前立腺がんとは関係なく、前立腺肥大で排尿障害があるときには、放射線治療は向きません」

こう説明するのは、東京慈恵会医科大学泌尿器科の佐々木裕講師。前立腺がんのロボット支援下手術と放射線療法のどちらも得意としている。

ロボット支援下手術は、腹部に数カ所開けた穴にアボットアームの先端を挿入し、遠隔操作で行う手術のことだ。ロボットアームの先端の医療機器は、360度の回転が可能で手振れもなく、医師は3Dの拡大画面を見ながら治療を行う。当然、腹部の切開が小さくて済み、大きく切開する開腹手術よりも出血が少なく患者の回復も早い。とはいえ、前立腺は尿道を囲むように位置し、周辺には排尿や性機能に関わる神経があるため、手術を行う医師の技量によっては、ロボット支援下手術であっても排尿障害や性機能障害が生じることがある。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  4. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  10. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者