編集局から

各界の一流の人たちの言葉が掲載『1日1話、読めば心が熱くなる365人の生き方の教科書』1/1ページ

どんな世界でも道を究めた人は、それぞれ心に響く言葉を持っています。

『1日1話、読めば心が熱くなる365人の生き方の教科書』(藤尾秀昭監修、致知出版社)は、1月1日から12月31日まで、日めくり形式で各界の一流の人たちの言葉が掲載されています。第1弾の『―仕事の教科書』はベストセラーになりました。

今回、登場するのは五木寛之、稲盛和夫、王貞治、黒柳徹子、長渕剛、永守重信、山中伸弥の各氏らそうそうたる面々です。各エピソードは月刊誌『致知』の定期購読者向けで、一般向けには初公開だそうです。

ちなみに4月20日は、明治大学教授の齋藤孝の「『小学国語教科書』刊行に込めた思い」で、「我が国にとって自然災害は大きな脅威ですが、日本人の国語力の低下はそれに比肩する極めて深刻な脅威」と懸念を示しています。

出勤前や就寝前などにその日のページを読み進めるのも、気になる見出しや人物を抜き出して読むのも面白そうです。 (N)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  6. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  7. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. オープンキャンパス、相次ぎ再開 第7波の影響で大学側の判断分かれる オンラインで参加「ハイブリッド」開催も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ