オリックス・山本、連勝ストップで球団ガッカリ 守乱&貧打が足引っ張り…怒りの中嶋監督「のほほんとしているメンバーは出る資格ない」1/1ページ

山本は8回2失点も連勝が止まった=19日、京セラドーム大阪
山本は8回2失点も連勝が止まった=19日、京セラドーム大阪

何とも締まらない結末だ。オリックスの〝無双エース〟山本由伸投手(23)の連勝記録は「18」でストップし、昨年5月19日のロッテ戦以来となる敗戦投手となった。

19日のソフトバンク戦(京セラドーム大阪)で5回まで無失点も、6回に遊撃・紅林弘太郎内野手(20)、二塁・安達了一内野手(34)にまさかの連続失策が飛び出し2失点(自責1)。8回6安打無四球の力投も、打線もわずか3安打と援護なし。山本は「悔しいですね。悔しいのはよくありますけど。(ミスは)仕方ないです。また来週もあるのでまた練習してまた勝てるように頑張ります」と気丈に答えた。

中嶋聡監督(53)は「(山本に)苦しい投球をさせている。なかなか点が入らないし、そこに関しては1点もやれない、という苦しさもある。申し訳ないと思っている」と謝罪。連勝記録は「野手の力もある」と評価しながらも、足を引っ張り記録を止めた形に「これ(黒星)で野手たちがどれだけのことを思うか。のほほんとしているメンバーがいるとしたら出る資格がない」と怒りの声をあげた。

今回の山本の連勝ストップは球団にとっても痛い。目下、借金3の4位で、昨年本塁打王の杉本裕太郎外野手(31)が打率・113、1本塁打、5打点と大不振。昨年新人王の宮城大弥投手(20)が3戦で0勝2敗と苦しい状況で、頼みの2人が早々からズッコケ…。それだけに「ウチの売りは何といっても山本の存在。記録がさらに続くよう頑張ってほしい」(営業部)と期待していたが、こっちの〝見どころ〟もさえない形で終了してしまった。

(岩崎正範)

zakスペシャル

ランキング

  1. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  2. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  3. 「竹島専従」新型調査船が就航 韓国に関係改善の意思なし? 外交ルートで抗議も相次ぐ反日暴挙 実効支配強化が加速する恐れ

  4. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  5. 北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる

  6. 豪・印に懸念材料 QUAD首脳会談 「親中の歴史」豪労働党への不信で亀裂も 経済制裁に参加せず密接なインドとロシア

  7. プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認

  8. 【スポーツ随想】物言いに尻込む新米審判たち 大相撲夏場所、際どい場面も手を挙げず…ついに八角理事長から〝物言い〟 いまや宝の持ち腐れのビデオ導入

  9. ロシア外交官が侵攻に抗議し辞任 「プーチンの侵略は犯罪」痛烈 ラブロフ外相にも「核兵器で世界脅す人物に成り下がった」

  10. 【日本の解き方】1~3月期GDPを読み解く 民間消費は予想より良かったが、公共投資減への対策が急務だ