前立腺の最新医療

がんの局所再発に「凍結療法」という選択肢 マイナス40度で10~15分冷却、がん細胞を壊死させる1/3ページ

再発してもさまざまな治療の選択肢があるので気落ちせず相談を
再発してもさまざまな治療の選択肢があるので気落ちせず相談を

前立腺がんと診断されても、手術や放射線治療で根治を目指すことは十分可能だ。しかし、悪性度が高いがんもあり、治療後から数年経って再発することも珍しくはない。放射線治療後の局所再発で、前立腺の中にがんがとどまっていても、前立腺を摘出する手術はあまり適用されないことを前回紹介した。局所再発のロボット支援下手術は難易度が高いため、ごく一部の医療機関しか行われていない。局所再発治療でも治療の選択は限られる。

「放射線治療後に再発すると、第1選択肢は、今のところ内分泌療法です。私たちは、身体状態によってはロボット支援下手術も適応していますが、治療の選択肢を増やしたい。そのひとつとして『凍結療法』(別項参照)も行っています」

こう話すのは、東京慈恵会医科大学泌尿器科診療副部長の三木健太医師。前立腺がん治療のエキスパートであり、2015年から前立腺がんの局所再発に対する「凍結療法」の臨床研究に取り組んでいる。

「内分泌療法は、長期間に渡る治療が必要になり、一定期間を過ぎると効果が失われます。また、性機能障害や骨粗しょう症などの副作用もあります。凍結療法は、それらのデメリットをカバーできると思っています」

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  4. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  5. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  6. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  9. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  10. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか