流れ星☆「新輝一天」全国ツアー 〝不仲〟ばかり注目も乗り越えて挑む単独ライブ1/1ページ

公開されたツアー用の新しいビジュアル
公開されたツアー用の新しいビジュアル

人気お笑いコンビ、流れ星☆(ちゅうえい、たきうえ)が8~9月に、単独ライブの全国ツアーに打って出る。21日に公開されたツアー用の新しいビジュアル=写真=では、満天の星空の中で全裸の2人がたたずんでいるというシュールな構図だ。

芸歴15年以上の芸人を対象にしたお笑い賞レース「G―1グランプリ2022」では決勝に進出し、準優勝を果たすなど着実にキャリアを積んでいる2人。

一時は、ベテランコンビ「おぼん・こぼん」のように、〝不仲〟ばかり注目されたが、高校生からの友人コンビだけあって、それを乗り越えて単独ライブに挑む。

「新輝一天」と銘打たれた全国ツアー。ライブは8月6日の東京にはじまって、広島、岡山、北海道、静岡、愛知、大阪を経て、9月24日の東京で締めくくる全国8カ所で開催する。

たきうえが「久しぶりの流れ星☆の全国ツアー! ソーラーパネルのように熱く光輝く、僕らの漫才を観に来てください!」と意気込めば、ちゅうえいも「20周年を経て新たに生まれ変わった流れ星☆をぜひ見にきてね~、ガンダムユニコーン♪」とギャグを織り交ぜる。

21日夜にはYouTubeの公式チャンネルで動画を配信予定だ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  5. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  6. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 中国戦闘機10機、中間線越え10日連続 台湾への軍事圧力を常態化させる狙いか 米国は「忍耐強く効果的に対応」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ