オリックス・宮城、今季初勝利は〝令和の怪物〟が教材 「打者との駆け引き、押せるときは押す」1/2ページ

新人王の意地をみせた宮城(右)。左は安達=20日、京セラドーム大阪
新人王の意地をみせた宮城(右)。左は安達=20日、京セラドーム大阪

ようやく勝てました…。昨年13勝をマークし新人王に輝いたオリックスの宮城大弥投手(20)が20日のソフトバンク戦(京セラドーム大阪)で7回4安打1失点と力投。今季3試合で0勝2敗、防御率6・48と苦しんでいたが、4戦目で初白星を決めた。

「なかなか勝てない時期が続いて、やっと勝てたのでうれしい。リラックスして自分の投球ができるよう意識した。点をもらった後にゼロに抑えることができたのは自信になる」。初回こそ今宮に先制ソロを許したが、その後は緩急を駆使し、鷹打線を手玉に…。そんな宮城に中嶋聡監督(53)は「テンポよく、高さ、コースと自分のボールで攻めてくれた」など絶賛した。

宮城が奮起させられる〝大きな存在〟が球界を席巻中の同級生、ロッテ・佐々木朗希投手だ。前回登板した10日のロッテ戦(ZOZOマリン)で投げ合った佐々木朗が完全試合を達成。宮城は6回途中6失点の内容で黒星を喫した。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  4. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  5. 【オヤジのためのサッカー塾】長谷部誠 EL優勝クラブ・フランクフルトの主将が日本人なのは誇り

  6. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  7. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  8. いしだ壱成、3人の女性からアプローチで〝モテ期〟告白 赤裸々なサービストーク展開で注目

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 【5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術】頭や体が思うように動かない…潜むうつ病を見逃すな 「おかしいな」と思ったら早めの受診を