メッタ斬り 生涯ジャイアン

わかっていても打てない佐々木朗希のストレート 唯一のチャンス、フォークが高めに抜けた球だけ 早くメジャーに行ってくれ!2/3ページ

朗希のように、背が高く、真っすぐが速いタイプには、日本ハム時代のダルビッシュ有(パドレス)や大谷翔平(エンゼルス)がいた。でも、ダルビッシュは投げるときに右膝が折れて、少し沈むようなフォームなので、朗希の方が角度がある。

ダルビッシュは球が重かったが、変化球はカーブとスライダーぐらいで、シュートは抜けるようで封印していた。ズドーンと落ちるフォークボールもなかった。

大谷と対戦したときはまだ1年目。完成する前だったので、力を入れるとシュート回転しまくっていて、コントロールが定まらなかった。朗希は定まっている。

今まで対戦した中で、一番すごいと思ったのは西武時代の松坂大輔。球種が多彩で、全部一級品なので、どの球を勝負球にしてくるのか、想像がつかなかった。そして素晴らしかったのが真っすぐで、程よく外に逃げる感じで曲がっていたので打ちづらかった。

前回の朗希が、完全試合を続けていた8回で降板したことに、「代えてよかった。正解だ」という声も多い。でも、そういうチャンスはなかなかないし、野球ファンとして9回を投げるところを見たかった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  2. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】闘病生活の根津甚八を引っ張り出し…涙なくして語れない、一度限りのスクリーン復帰 「GONIN/サーガ」

  3. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  4. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  5. 【日本の選択】参院選、与野党とも緊張感が欠けているのでは 「野党の話は聞かない」山際再生相の発言、旧態依然の「憲法9条論」語る護憲派野党

  6. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  7. 高級車購入で注目の芸能人 SNSで報告もアンチコメントに悩む中尾明慶 再生回数狙いキャッシュで支払おうとするチョコプラ長田

  8. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  9. 【SPORTS BAR】悲願初優勝へ「ゴミ拾いでもっと徳を積んでいかなきゃ」後半戦に向け〝休養〟菅沼菜々の思い 不安障害を抱え車でツアー転戦

  10. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ