メッタ斬り 生涯ジャイアン

わかっていても打てない佐々木朗希のストレート 唯一のチャンス、フォークが高めに抜けた球だけ 早くメジャーに行ってくれ!3/3ページ

疲れてきていたというベンチの判断だったようだが、それは僕が見ていてもそう思った。ただ、今は選手を大事にするという方針になっているけど、もう1イニング投げても、選手生命が絶たれることはないだろうし、本人も投げたかったと思う。9回も投げさせて、裏の攻撃も点が入らなければ、お役御免でもよかったんじゃないかな。

大記録は、味方はやらせてあげたいし、敵は何とか阻止したい。愛工大名電高で先輩の工藤公康さんが、巨人時代に7回ぐらいまでノーヒットノーランをやっていたのを僕が阻止したことがある。そのときは、後から工藤さんにメチャメチャ怒られたけど、いくら先輩でも「どうせ負けるなら記録を達成させてあげよう」なんて考えは、野球選手にはない。9回2死でもあきらめないからね。

僕もノーヒットノーランの試合を2回経験している(野口茂樹のときはレフト、バンチのときは一塁)。「俺は守備の人じゃないから。取れなかったら、しようがない」というドライな性格だけど、完全試合を守っているロッテの選手は嫌だろうね。でも、そういう体験をできることは幸せだと思うよ。

■山崎武司(やまさき・たけし) 1968年11月7日、愛知県生まれ。愛工大名電高からドラフト2位で中日入り。以後オリックス、楽天、再び中日と渡り歩き2013年限りで引退。中日時代の96年に本塁打王、楽天時代の07年には本塁打・打点の2冠王に輝いた。27年間で通算1834安打、403本塁打、1205打点。後輩の面倒見のいい親分肌で、愛称はジャイアン。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  2. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】闘病生活の根津甚八を引っ張り出し…涙なくして語れない、一度限りのスクリーン復帰 「GONIN/サーガ」

  3. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  4. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  5. 【日本の選択】参院選、与野党とも緊張感が欠けているのでは 「野党の話は聞かない」山際再生相の発言、旧態依然の「憲法9条論」語る護憲派野党

  6. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  7. 高級車購入で注目の芸能人 SNSで報告もアンチコメントに悩む中尾明慶 再生回数狙いキャッシュで支払おうとするチョコプラ長田

  8. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  9. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  10. 【SPORTS BAR】悲願初優勝へ「ゴミ拾いでもっと徳を積んでいかなきゃ」後半戦に向け〝休養〟菅沼菜々の思い 不安障害を抱え車でツアー転戦

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ