前立腺の最新医療

放射性物質を注射「がん細胞」だけにダメージ与える「PSMA標的治療」 故・西郷輝彦さんは有効性を報告1/2ページ

西郷輝彦さんの渡航で注目されたPSMA標的治療
西郷輝彦さんの渡航で注目されたPSMA標的治療

今年2月に75歳で亡くなった歌手の西郷輝彦さんは、2011年に前立腺がんによる手術を受けて、17年から再発治療を行っていた。昨年4月に渡豪して新しい治療法「PSMA標的治療」を受け、昨年9月には、がんが消えたことをテレビ番組で報告していた。この治療法は、前立腺がんの表面に多く現れるタンパク質の一種・PSMAをターゲットにしている。PSMAに特異的に結合する物質「リガンド」に、放射性物質をつけて注射すると、がん細胞だけを放射線治療できる。

「PSMA標的治療は、PET検査(別項参照)の仕組みに似ています。日本のPET検査で使用される物質のFDGは、がんがブドウ糖を取り込みやすい性質を応用しています。このFDGの部分をリガンドに置き換えることで、新たな治療法や検査法が開発されているのです」

こう説明するのは、東京慈恵会医科大学泌尿器科診療副部長の三木健太医師。前立腺がん治療のエキスパートであり、凍結療法など新たな治療法の開発にも積極的に取り組んでいる。

三木健太医師(提供写真)
三木健太医師(提供写真)

FDG以外にも、一酸化炭素ガスや二酸化炭素ガスの薬剤によるPET検査では、脳の血液量がわかる。細胞や組織の性質に合わせて薬剤を変えることで、目的の部分まで届けられ、薬剤についた微量の放射線によってPET検査では画像で捉えることがきる。この仕組みを応用し、がん細胞にダメージを与える放射性同位元素がついた薬剤を注射して治療するのがPSMA標的治療だ。

「PSMAは、進行した前立腺がんの表面にたくさん現れます。再発・転移がんでホルモン療法が効かない患者さんに対し、PSMA標的治療は、化学療法よりも有用性が高いことは、オーストラリアの比較試験で証明されています」

zakスペシャル

ランキング

  1. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  2. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  3. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  4. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  5. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  6. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  7. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  8. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 【芸能ニュース舞台裏】小山田圭吾、英語の復帰文書新鮮だが…テレビ登場にはまだ遠く 記憶に新しい東京五輪開会式前の辞任騒動