警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識

石垣島を壊滅させた日本最大の大津波 地震のマグニチュードの割に大きかった原因〝海底地滑り〟1/2ページ

過去に大きな津波に襲われたと伝わる石垣島
過去に大きな津波に襲われたと伝わる石垣島

政府の地震調査委員会が南西諸島から日本海南西部の地震活動について、新たな見解を3月末に発表した。だが、南西諸島南部の八重山諸島では不明点が多いので確率評価の対象外になった。

それは、ある地震津波が元だ。1771年の「八重山地震津波」である。琉球海溝が震源で大津波が八重山諸島を襲った。東日本大震災が日本海溝に潜り込む太平洋プレートが起こしたのと同様に、琉球海溝から潜り込むフィリピン海プレートが大津波を起こしたのだ。私が学生のときには津波の高さが100メートルにも達した日本史上最大の津波と習った。その後の調査で約30メートルとなったが、日本最大級だったことは間違いがない。

この津波で八重山諸島の政治と経済の中心だった石垣島が壊滅した。石垣島の人口の半分にもなる約8000人が死亡・行方不明になった。

当時の沖縄は琉球王国で日本とは別の国だった。この津波も中国の元号を取って「乾隆大津波」と言われていた。

琉球王朝は被害復興のために、被害が大きかった地域に他の島から入植させた。いまだに石垣市街の中心部と外とは方言や文化に違いがある。

じつは石垣島の海溝に向いた東海岸には途方もない大きさの石がいくつも転がっている。大きなものは大型バス2台ほどの岩で1000トンもある。これらの巨岩はいくつもの大津波が海底から持ってきたものだ。サンゴが作った石灰岩で、上に大きな木が茂っている。

それぞれの巨岩がいつの津波で上がってきたものか、最近の研究で明らかになってきている。

これらの巨岩のうち、35トンほどの重さの岩は71年の津波で上がってきたものだった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  4. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  5. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  8. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  9. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  10. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ