安倍元首相、ウクライナの教訓「今こそ9条の議論を」 河野前統合幕僚長、櫻井よしこ氏ら熱弁 「日本国憲法のあり方を考えるシンポジウム4」1/1ページ


ネット配信視聴券の詳細

ロシアによるウクライナ侵攻は、第二次世界大戦後の国際秩序を根底から覆し、日本の安全保障体制や憲法への不安や疑問を高めている。夕刊フジは21日夜、「日本国憲法のあり方を考えるシンポジウム4」(協力・アパホテル)を、東京・有楽町のよみうりホールで開催した。安倍晋三元首相や、河野克俊前統合幕僚長、ジャーナリストの櫻井よしこ氏らが熱弁を振るった。

第1部では、櫻井氏が基調講演を行った。

櫻井氏は「ロシアは国際法を無視し、人間の道義を無視して、野蛮な『暴力の時代』に世界を引き戻した」「防衛費をGDP(国内総生産)比2%に上げる」「日米同盟を大事にして、日本の力をどう強めるかを考えなければならない。そのために憲法改正が必要だ」と語った。

第2部の冒頭、イベント開催に協力したアパグループの元谷外志雄会長がビデオメッセージで、「世界の常識は『自分の国は自分で守る』。一日も早い憲法改正を願っている」と語った。

注目のパネルディスカッションには、安倍氏と河野氏、櫻井氏に加え、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏、ジャーナリストの有本香氏も加わった。

安倍氏は「ウクライナの教訓は、(1)同盟国以外のために戦ってくれる国は存在しない(2)国連安全保障理事会の常任理事国が当事国の場合、国連は機能しない(3)軍事バランスに大きな差があると相手が付け込んでくる危険性があるなどだ」「日米同盟の強化と『自由で開かれたインド太平洋』に賛同する国々との連携は重要」「国民の多くが憲法の問題点に気づいた今こそ、憲法9条の議論をしっかりしてもらいたい」などと語った。

河野氏は「『自衛隊は国民から認められており、憲法改正(=自衛隊明記)の必要があるのか』という声もあるが、国家の基本である『国防』が中ぶらりんなのは国のかたちとしておかしい」「違憲論は現実との狭間で論理破綻している。(自衛隊を戦力以下とする)合憲論も限界。憲法改正ですっきりさせるべきだ」と訴えた。

ケント氏は「ロシアはウクライナに侵攻しているが、日本固有の領土・北方領土を不法占領している。最近、択捉島と国後島で大規模な軍事演習を行った。決して、他人ごとではない。メディアは国防情報をもっと伝えるべきだ」と指摘した。

有本氏は「(ウクライナ侵攻を目の当たりにして)どうして憲法審査会で議論が進まないのか。最近、CM規制や議員の任期について議論していた。一体何をやっているのか。強く疑義を呈したい」と語った。

■アーカイブ配信について

このシンポジウムを、アーカイブ配信(3週間)で見られるネット視聴券を、チケットぴあ・PIA LIVE STREAM(3000円)、産経iD優待(2700円)で発売中です。ぜひ、ご覧ください。5月11日の20時まで購入受付しております。なお、アーカイブの視聴期限は5月11日23時までとなっております。

ネット配信視聴券の詳細


zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  8. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」