勝者のワザ

上下半身の運動量差を意識! 捻転でエネルギーを蓄える 植竹希望、KKTバンテリンレディス優勝1/2ページ

スケールの大きなスイングが魅力の植竹
スケールの大きなスイングが魅力の植竹

4選手によるプレーオフ。このサバイバルレースで植竹希望が6ホール目で吉田優莉をくだし、ツアー初優勝を果たした。黄金世代では10人目となる勝者への仲間入りであった。

植竹のスイングは、関係者の間で早くから高く評価されていた。最大の特長は、強力な捻転にある。バックスイング中に出現するふたつの異なった動きが最大のネジレを生んでいる。ハーフウエーバック時点で、上半身は、まだトップスイングへと動き続けているのに、下半身は、早くもダウンスイングへと切り返される。

植竹希望
植竹希望

この上下逆方向への動きが、ネジレをMAXにして、そこから上半身もダウンスイングへと移行するときにクラブが、これまたMAXのタメを作り出す。セルヒオ・ガルシアのスイングを正面から見たときの格好によく似ている。シャフトは肩口から、クラブヘッドは背中側からボールに向かっていく。

植竹のスイングそのものをアマチュアが採り入れようとするには無理があるかもしれない。簡単に作り上げられるスイングではない。

採り入れるべきは、現状よりも少し上下半身の運動量差を意識し、すこしだけ蓄えるエネルギーを増やすことだ。さて、そのための簡単なエクササイズを紹介しよう。室内でできる。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  5. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  6. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  7. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  8. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  9. 米、対北の「あらゆる不測の事態に備えている」 バイデン大統領の日韓歴訪中に核実験、ICBM発射の可能性指摘