BOOK

28年ぶりに再会した高校の同級生5人 〝天文台造り〟が人生第二の出発点 作家・伊与原新さん『オオルリ流星群』1/3ページ

作家・伊与原新さん
作家・伊与原新さん

文学と科学を結ぶ独自の作風で人気を博す伊与原新さん。新刊は、丹沢山系に太陽系の果てを観測する天文台を手造りする5人の高校時代の同級生の物語だ。紆余曲折の末にたどり着いた28年後の〝今〟は、それぞれが人生第二の出発点を意識するときとなった。 (文・冨安京子/写真・後藤利江)

――事の始まりは、国立天文台の籍を失い、自前の天文台を造るというスイ子こと彗(けい)子の存在です

「2019年、京大の有松亘さんらが沖縄県宮古島市で小型望遠鏡を使い、地球から約50億キロメートル離れた太陽系外縁部=エッジワース・カイパーベルトにある直径2キロの小天体を、世界で初めて観測し大きなニュースとなりました。小天体が恒星の前を横切る際に恒星の光が一瞬弱くなる掩蔽(えんぺい)現象を応用したんです。すばるとかハッブルといった大望遠鏡が担ってきたビッグサイエンスに負けない研究が、わずか口径28センチの望遠鏡でできてしまった。これは小説になりそうだと思いました」

――5人のモデルは

「物語では5人を中心に、1万個もの空き缶でオオルリをあしらったタペストリーを作るシーンがあります。これは高校時代の僕の体験がもと。文化祭で宝船を描いた空き缶タペストリーを作ったとき、パソコンで色ごとに空き缶の配列をプログラミングしてくれた同級生の参加の仕方が実にかっこよかった。だから、物語ではスイ子にそれを投影したんですが、モデルはいません。短編集『月まで三キロ』『八月の銀の雪』を書いた後、科学と人のかかわりを長編の人間ドラマとして書いてみてはという編集者からのアドバイスもあり2、3年前、小天体観測とタペストリーの2つを組み合わせられるのではと考えました」

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  8. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」