実況・小野塚康之 時代を越える名調子

高校野球人国記(3) 岩手県・佐々木朗希 昭和の江川、平成の松坂とは違う〝夢の新怪物〟成長底なしの予感1/4ページ

プロで完全試合を達成した佐々木
プロで完全試合を達成した佐々木

今をときめくパーフェクトピッチャー佐々木朗希を見ていて私の頭に浮かんだのは『夢の超特急』という懐かしいキャッチフレーズです。

昭和39年の東京オリンピックに向かう高度経済成長期の日本で国鉄に登場した新幹線、列車の名称は〝ひかり〟です。東京大阪間を3時間で結ぶ速さです。瞬間的スピードだけでなく、短時間で都市間を結び世の中を進化させる超特急に国民は大いに胸躍らせました。想像の域を超えた科学技術の進歩の象徴『夢の超特急ひかり号』のときめきが佐々木朗希のパフォーマンスでよみがえりました。

大船渡高時代からその将来性を高く評価されていた
大船渡高時代からその将来性を高く評価されていた

まず、4月10日の完全試合です。マリーンズやプロ野球ファンをはじめ野球関係者の多くが佐々木朗希の投球に驚愕(きょうがく)し興奮状態でした。そしてこの快挙は全国の話題を独占していきました。至る所で『令和の怪物』の文字が躍りました。

昭和の怪物は江川卓、平成の怪物は松坂大輔、そして佐々木朗希へとつながる流れを感じますが、2人の怪物以上の衝撃を与えました。怪物とあだなされる選手の多くは高校時代に甲子園という舞台でベールを脱ぎ、全国の強者たちをねじ伏せファンの喝采をあびながら怪物の称号を本格的に身にまとっていきました。

でも佐々木朗希にはこのプロセスがありません。大器の将来を見据え連投となる決勝戦の登板は避けるという判断があり、岩手代表として甲子園出場を勝ち取ることはできませんでした。これまでにあまりない大エースの決勝登板回避は大きな話題にもなりました。ですから私が知る限り『甲子園で見たかった選手ナンバーワン!』です。アマチュア時代は江川や松坂とは異なり無理をせず育まれました。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  4. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  5. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  6. 【オヤジのためのサッカー塾】長谷部誠 EL優勝クラブ・フランクフルトの主将が日本人なのは誇り

  7. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  8. いしだ壱成、3人の女性からアプローチで〝モテ期〟告白 赤裸々なサービストーク展開で注目

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 【5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術】頭や体が思うように動かない…潜むうつ病を見逃すな 「おかしいな」と思ったら早めの受診を